オフショアジギング

オフショアキャスティングに必要な知識について解説します

オフショアキャスティングについて

大型のダイビングペンシル、ミノー、ポッパーを使い海中の大型魚を表層に誘い出し釣ります

オフショアキャスティングと言っても多様で湾内のシーバスからマグロまで多種、多様なリール、ロッド、ライン、ルアーを使いターゲットにアプローチして釣りあげます

【執筆者について】

オフショアで大型青物釣りをしています

実際に経験した体験&知識を基に記事を執筆しています

 

オフショアキャスティング初心者向け入門書

この記事を読んで得られること

・オフショアキャスティングについて

・どんな魚が釣れるのか

・必要なタックルは?

・釣り方について

・釣る為のコツ

 

オフショアキャスティングとは

オフショアキャスティングを知らない方向けに

魚のバイトシーンを生で見れる釣りがオフショアキャスティングゲームの醍醐味と言えます

エキサイティングで非常にゲーム性の高い釣りとなります

魚の引きも大型魚の為強烈です

体格の良い大人の男性でも魚に翻弄されることもしばしばあります

大型魚釣りの鉄則が

魚に主導権を握られないこと

 

魚がルアーに食いつく瞬間は何回見ても興奮します

釣れる魚も大型なので魚の引き味を十分に楽しめる

どんな魚が釣れるの

シーバス、シイラ、ブリ、カンパチ、ヒラマサ、サワラ、カツオ、マグロが釣れます

主に青魚がメインターゲットとなります

こんな感じの青物が釣れます

この画像はヒラマサ3.4kg

小さいですねw

必要なタックル

ターゲットととなる魚によってタックルが異なります

シーバス

6ftクラスのロッドに3000番クラスのスピニングリール、ラインはPE1.2号とライトなタックルで楽しめます

ベビーなタックルでシーバス釣っても面白くありません

余談ですがジギングロッドで80のシーバスをかけた時の事ロッドパワーがありすぎて楽勝でランディングできました

シイラや小型青物

シイラ、小型のブリ、カツオ、サワラなど

7ft〜8ftクラスのロッド

ロッドの強さはミディアムライトがおすすめ

リールが3500〜4500(ダイワ)

5000〜8000(シマノ)

PEラインが2〜3号

大型青物、マグロ類

大型のブリ、ヒラマサ、小型のメジマグロ、キハダマグロを釣る際に必要なタックル

ロッドが7ft〜8ft

リールが4500〜5000(ダイワ)

8000〜14000(シマノ)

2020年の新型ソルティガならシマノと同じ番手でOK

PE5号以上

大型魚を獲るためには大型ロッド、リールが必須です

余談

今年内房にて巨大ヒラマサがヒットした時の話で

14kgのドラグをかけてもラインが出されたというほど15分のやりとりの末にバラしてしまったとの事

 

釣り方について

基本的にショアからのルアー釣りと同じです

ルアーの引き方も特に変わりなし

ただしキャストの仕方が少し変わってきます

ショアからならオーバーヘッド、サイドでルアーをキャストしますがオフショアですと船で釣りをしますから基本ミヨシ以外はアンダーキャストでルアーを飛ばします

ポイント

キャスト後ルアーが着水するタイミングでラインを押さえてることでルアーの痛みを抑制できます。ラインを指で止めることによりルアーが垂直に水中に着水する為ルアーへのダメージが軽減されます。ウッド系のルアーを使う場合は必須です

フックにラインが絡むのも抑制できます

魚種によってルアーアクションを変えましょう

ルアーの種類と狙うターゲットで引き方も変わります

ダイビングペンシルだと

マグロを狙う際はルアーを引き続けないで引いたら止める引いたら止めるが有効とされています

ヒラマサ系はホウキをはくような引き方で誘い出します。ルアーの止まる時間が長いと魚に見切られてしまうので引き続ける感じで引いてOKです

 

釣り方のコツ

釣り方のコツとして捕食しているベイトのサイズに合わせたルアーを使う

魚のレンジに合わせてルアーを引く

※ダイビングペンシルやポッパーを使う場合はルアーの浮力が高い為、海面から飛び出してしまう場合があります

キャスト後いとフケを取りロッドを斜め45度くらいで引いて徐々にロッドを下げていけば海面からの飛び出しを防げます

着水後3回くらい引いてバイトすることも多くあるのでキャスト後は海面から飛び出さないように注意してルアー操作をするべきです

テキストだとわかりにくいのでプロアングラーの技術を盗み取るのもあり動画で技術を盗むべき

釣りビジョンVOD登録方法について解説

最後にキャスティングの注意点

オフショアキャスティングにて乗る船によってはオーバヘッドキャストが船長の指示がないとできない場合もありますので乗る船のルールに従いましょう。

キャスティングでナブラ打ちになる場合も周りを確認して注意しながらキャストする様にしましょう。ナブラが出てると皆んなテンション上がりますからね。危険です

鳥がいる場所でダイビングペンシル引いてると鳥がルアーを食べに来てしまいますので鳥が来たらルアーを止めて鳥にルアーだと気付かせましょうルアーを止めれば鳥は偽物だと認識して去って行きます

以上おわり

 

 

 

 

 

広告

 

-オフショアジギング

© 2021 ようの日記 Powered by AFFINGER5