オフショアジギング

オフショアジギング大型青物釣りフッキングからランディングまで解説

スポンサーリンク

オフショアジギング大型青物釣り

フッキングからランディングまでブリ、ヒラマサ、カンパチの強烈なひきに興味を持ち、ジギングをはじめてみたいと思う方読んでみてください。

大型青物の口はとても硬いです。合わせをしっかり2回フッキングしてしっかり針を掛けましょう。

そして竿が硬いと合わせで針を弾いてしまいバラシの原因にもなります。

バラし連発される方は竿を選び直すことも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

大型青物の強烈な当たりからフッキングまで

ジクをシャクリ、アピールして魚を釣るジギング。

ジクをシャクリ上げた瞬間、フォール中に強烈な当たりがあります。そこでしっかりとハリを掛けて合わせをしましょう。

青物の口は堅い

 

青物の口は堅いです。ガッツリフッキングしないとハリがかかりません。

僕の場合は当たりがあったらフッキングを思いっきり2回入れています。上顎なんてとても堅い場所なので容易にハリがささりません。

フッキングは思いっきり入れて合わせましょう。

この時ドラグ設定を緩く適当にしているとドラグが出てしまいフッキングができません。

僕の場合は内房、外房でジギングをしています。内房でドラグ3キロ設定、外房でドラグ5キロ設定にしてます。

 

大型青物とのやりとり

 

大型青物とのやりとりは力を使うので筋トレをする事をオススメします。

どの釣りにも共通する事ですが、ラインテンションを緩めないように注意してください。基本操作がロッドを立てる、ドラグが出たら耐える(浅場で耐え続けると根ずれの危険あり)ロッドを下げる際にリールを巻く。

魚に主導権を取られないようにコントロールしましょう。

ランディング

 

魚が海面まで上がってきたら魚の頭をネット側に向けてネットインしやすいように誘導しましょう。慎重にコントロールしないとバレる可能性が高くなります。

 

最後に

 

何度も言いますがフッキングは思いっきりしましょう。大型青物の口は堅いです。

魚とのやりとり中は魚に主導権を握られないようにコントロールしましょう。

大型青物は半端じゃない引きです。力に自信がない方は多少なりとも筋トレをする事をお勧めします。

青物ジギング、キャスティングされている方分かると思いますがこの釣りはスポーツです。

ランディングは慎重に。

 

 

 

広告

 

広告

スポンサーリンク

-オフショアジギング
-