釣り

別注平政は初心者でも使いやすいダイビングペンシル

オフショア、ショアを問わずヒラマサトップゲームに置いてダイビングペンシルの活躍の場が多いです。

さまざまなメーカーから色んな形状のダイビングペンシルが販売されていますね。

初めてのオフショアキャスティングどのダイビングペンシルを買ったらいいのか悩むところ

ダイビングペンシル、パッと見なにが違うかわからないことありませんか?

そこで今回オシアペンシルシリーズである「別注ヒラマサ」の特徴と使い方について解説してみます。

とくに初心者向けのダイビングペンシル使いやすいです。

 

ヒラマサを誘い出す為に開発されたオシアペンシルシリーズ

「オシアペンシル別注平政」

初心者でも使いやすいダイビングペンシルである理由はコチラ

・操作が簡単

・飛距離がでる

・ライントラブルが少ない

 

トップゲームにてヒラマサを釣り上げたいなら必ず持つべきプラグです。

 

こんな方におすすめのブログです

  • 青物トップゲームをしたい方
  • 釣れるダイビングペンシルを知りたい方
  • ダイビングペンシルを上手く操作できない方

オシアペンシル別注平政は初心者でも扱いやすい理由

別注平政

ヒラマサを誘い出す為に開発されたプラグですが

ヒラマサ以外にもシイラ、シーバス、ブリ、マグロなどのフィッシュイーターにも効果があります。

別注平政が使いやすい理由

オフショアキャスティングで定番の誘い方

「ほうき引き」と言うダイビングペンシルの引き方があります。

ほうきを掃くようなロッドワークで操作することにより海面をルアーがS字アクションしてくれます。

引き始めのロッドワークを強くすることでバブリングも加えられ更なるアピール力UPに!

 

ミスダイブしにくい

アクション中にプラグが海面から飛び出してしまう。海面を滑ってしまう。

ミスダイブも起こりにくいです。

高額なウッドタイプのダイビングペンシルの場合ロッドワーク、リーリングの回数を釣り人がコントロールしなければ思うようにアクションしてくれません。

ですが「別注ヒラマサ」は簡単に水面をダイブ、S字アクション、浮上とダイビングペンシルのアクションをこなしてくれます。

ライントラブルも軽減!

ミスダイブが起きにくいと言うこともありラインテンションが一定になりやすくライントラブルの軽減に繋がると感じます。

実際に僕の経験上ウッドタイプのダイビングペンシルを使う際、雑なロッドワークや波の影響でミスダイブをしてしまうことがあり

このミスダイブによりプラグからロッドに抵抗がかからなくなりリーリングの際にラインがふけてしまう。

よってラインに団子ができたりなどのライントラブルが発生しやすくなります。

ミスダイブの起きにくい「別注ヒラマサ」ならライントラブルも防げる。

アンダーキャストでも飛距離がでる

混み合った乗り合い船ではアンダーキャストがメイン

オーバーで投げられのはミヨシくらいです。

アンダーキャストで投げると飛距離がなかなか出ないのですが

別注平政のスリムなシルエットが飛行姿勢を安定させると考えます。空気抵抗が少ないからかな。

ただし190mmと220mmのビッグサイズになるとアンダーでは飛距離が伸びにくい。

長くなった分

空気抵抗が大きくなり飛行姿勢が安定しない

と僕は勝手に思っています。

デカければデカいルアーほどしっかり竿にルアーの重さを乗せて飛ばさないと飛行姿勢が安定しない。

ゆえにアンダーでは飛距離がでないです。

多種なプラグを使うデメリット

多種多様なプラグ

引き方のコントロールでアクションもさまざま

たくさん色んなメーカーのプラグを使っているといちいちロッドワーク、リーリングを変えたり

面倒

別注平政なら5つのサイズが展開されSHIMANO独自のカラーもあり

日々変わる海の状況にも対応できます。

別注平政のサイズ別ラインナップ

別注平政のサイズ

130mm/145mm/160mm/190mm/220mm

上記5つのサイズが展開

SHIMANO独自のカラーも魅力

狂鱗カラー、フラッシュブーストもあり更なる魚へのアピール力が増しています。

狂鱗カラーとフラッシュブーストについて

狂鱗カラー

(画像参照元:SHIMANOより)

本当のリアリズムを追い求める上で狂鱗ホログラムのデザインは、生きたイワシの鱗をスケッチする所から始まっている。実際のイワシから鱗を採取し、それを拡大。スケッチに起こしたイラストのアウトラインをデータ化し、それをイワシの拡大写真に重ね写しながら本物の鱗が配置されている実際の間隔でレイアウトを作成。この一枚一枚の鱗をそれぞれしっかり輝かせるために、更に必要な技術を取り入れて独自に開発されたのが、シマノオリジナルの狂鱗ホログラムなのである。

参照元:SHIMANOより

 

フラッシュブースト

別注平政160Fフラッシュブースト

ヒラマサを誘い出すために開発された別注平政にシマノ独自のフラッシュブーストを搭載!ジャーク後、ルアーが浮き上がる瞬間も内部の反射板がキラキラとフラッシングでアピールを続けます。

参照元:SHIMANO

 

別注平政を状況別に使い分け

各シーンごとに使い訳をしましょ

例えば

オシアペンシル別注ヒラマサ

130mmは 35g

145mmは46g

130mmのカラーラインナップは6種類(狂鱗カラーが内3種類)となっています。

磯、堤防、サーフからのキャスティングで飛距離が出やすいサイズとなってます。

 

別注ヒラマサ130F

狂鱗 別注平政130F

狂鱗 別注平政145 F

 

オフショアキャスティングなら想像を遥かに越える大政を釣る確率が高くなる。

またベイトフィッシュのサイズも季節ごとにさまざまであるため

130mmから220mm各サイズを揃えると

その日の海の状況に合わせてプラグを選択できる。

マッチザベイトでヒット率を上げましょう。

 

Amazonプライム会員なら送料無料で購入できる!

ネット注文でルアーを買うとなると送料が痛い。

送料代で釣り用品が買えちゃうこともありますよね。

Amazonプライム会員なら

年間プラン4900円(税込)月間プラン500円(税込)で送料無料で翌日配送の特典がつきます。

※翌日配送の特典が受けられる商品は、「Prime」の商品に限りますから注意が必要です。

Amazonプライム30日間【無料体験は】こちら

 

まとめ

オシアペンシル別注平政がキャスティング初心者でも扱いやすい理由は

操作がカンタン、飛距離が出やすい、ミスダイブによるライントラブルが少ないことです。

さらにサイズの種類、カラーが豊富で多種のプラグの癖を覚えて使い分ける必要がない。

別注平政の各サイズ、カラーを揃えればさまざまな条件の中でマッチした釣りができる。

購入もネットや釣具店でカンタンに手に入れられる。

優秀なオシアペンシル別注平政を使わない理由が見つからないほど魅力的なダイビングペンシルとなっています。

関連記事

オフショアキャスティングに必要な知識について解説します

ダイビングペンシル 【オススメ3選】

ジギングについて知りたい方はこちらの記事

初心者向けブリジギングの始め方マニュアル【最高の一尾への道】

初心者必見「ヒラマサジギング」の始め方必要タックルを紹介します

ジギングで思うように釣果がでない理由ジグの動きに【問題】あり

広告

 

広告

スポンサーリンク

-釣り